01
GRAPPA DI BRUNELLO COL D'ORCIA
トスカーナ州 コルドルチャ社  alc.42% 500ml 

メジャーすぎるといわれていただけあって実にグラッパらしいグラッパ。
これを基準に味の評価をするのが良さそう。

いつもの様に土曜日ランチにサッサに向かう途中、SNSにて新人さんが入ったとのこと。
いや、多分そろそろ新しい子がやって来そうな気はしてたのですけどね。
そう新しいグラッパの入荷情報です。
ということでランチなのにグラッパ呑む気満々でお店へ。

本日は和服ご夫妻とご一緒ということで大きな席を用意して頂きました。
一瞬、ワインを1本開けようかという悪魔の囁きがあったのですがエクソシストに成功したのでグラスワインで。
それでも呑むのは違った何かが憑いてます。

今回は【ムール貝とブロッコリーのオイルソースパスタ】を頂きます。
前回諸事情によりムール貝を食べ損ねたのでリベンジ。
02

もうね、これがまた旨いのです。
ムール貝の海鮮らしい香りと唐辛子のピリッとした風味が白ワインを誘うのです。
まぁトマトソースでも同じようなこと良いそうですが。

そしてドルチェと共にグラッパを。
抜栓直後でも嫌味のない葡萄の香り。
アルコールの強さを感じないのは、やや度数が低いからかな?
味はやはり熟成されたような丸さ。
グラッパインフェルノのような刺すような刺激もなく実に旨い。

これは自宅に置いておいて時々味覚のリセットに使いたいようなグラッパです。
やはりメジャーな銘柄はそれなりの意味があるんでしょうね。
とうことで今回も抜栓に立ち会いました。

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/