01
EVO Grappa Fumo
ロンバルディア州 エノグラム社 alc.42% 1,000ml

もの凄く丸い口当たりはブランディの様相。
なのですが、香りはもの凄くスモーキー。
まさに、いぶりがっこの香りそのもの。

いよいよ酔っ払いどもが加速してまして。
今回、ホールをメインで担当しているフジイ君が料理デビューという事になりました。
内々のパーティでは料理をしていらっしゃるそうですが、今回は質の悪い酔っ払い相手に申し訳ありません。
DSC_7036

佐々木シェフ監修の元、数種類のパスタを作成。
美味しいです。でもシェフと比べるとまだまだ。
ということで酔っ払いどもが好き勝手言ってましたがそのあたりは話半分くらいで。

で、EVOのもう一種類が抜栓されました。
年明け用といいながらバンバンと空いてますが大丈夫でしょうか?

こちらも見るからに樽の色。
EVO FumoなのですがEVOよりも色はやや薄め。
ところが香りがまるで違う。

Fumoはイタリア語でスモーク。
まさにスモーキーなグラッパなのです。
あまりにも懐かしいその香り、一体どこで嗅いだのだろうと思い出せず。

「これスモークした沢庵の匂いですね」のシェフの言葉で思い出しました。
これ“いぶりがっこ”ですわ。もうそのまんま同じ香り。
まさに燻されてますこのグラッパは。

口当たりはEVOよりもFumoの方が軽く感じますが、スモーキーさに騙されそうです。
それにしても特徴的なグラッパですね。
色々と楽しませてくれるのがこのお酒の楽しいところです。

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/