DSC_7008

LA VERSA GRAPPA DI MOSCATO STRAVECCHIA 8 
ロンバルディア州ラ・バーサ社 alc.42% 700ml

その麗しき化粧ボトルに惹かれたのです。
香りはまさに花のような華やかさ。
口当たりも42度とは思えないほどの柔らかさが特徴的です。

2014年もいよいよ終わりを迎えて、トラットリアサッサでは「グラッパを減らす会」の総会が開かれました。
そこはやはり抜栓王とまで名乗っている私ですから当然の参加なのです。

せっかくの総会だし、ここは奮発して自腹でグラッパの持ち込みという暴挙にでてしまいました。
あ、この総会は基本的に呑み放題なのでお店の方には事前にお願いしています。
もっとも呑み放題といってもグラッパですからね。度数高いですからね。

というこで持ち込みグラッパが「ラ・バーサ グラッパ・ディ・モスカート」なのです。
ストラベッキア8アンニとは樽熟成で8年ということ。
なるほど、樽の色がうっすら出てます。
DSC_7020
 まずはこれで乾杯ということで、ショットグラスに。
さすがに20人を越える人数分のグラッパグラスはないですから。
というかどうせ酔っ払って割ることも考慮に入れないとね。
オトナだね。

このグラッパ、抜栓と同時にふわりとあがってくるのが花のような香り。
化粧ボトルが花なのはこのためなのでしょうか?
可憐な花を思わせる甘い香りにまずは心躍ります。

そして口をつけてみれば、なんとも甘味すら感じさせる口当たりの柔らかさ。
口腔内にもっと熟成香がするのかと思ったらやはりフローラルなまま。
そして42度という度数からは想像できない喉越し。

自分で買っておいて自画自賛ですがこれは美味しい。
たまにはヤフオクもいいもんだと実感しました。
さぁいよいよ宴の始まりです!

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/