140824g
FURORE DI BACCO
カンパニア州 マリーザ クオモ社 alc.42% 700ml

スパーンとアルコール感が強い。まさにハードリカーというドライさ。
香りと後口に海草っぽさを残すグラッパ。

いい加減よく食べましたのでそろそろドルチェに。
今回はパインとヨーグルトのジェラート。
140824g2

パインもヨーグルトも甘酸っぱく、これがなんとも酒欲を刺激してくれます。
うん、そうです。本日のラストグラッパを頂きましょうということです。

この日だけで昼夜合わせて6本開けてますから残りは一本。
あれです、まさか二回に分けてまですべてのグラッパを抜栓するとは思いませんでした。
思わなくてもやってしまうのが私です。

まずは抜栓直後の香り。
アルコール感が強いです。
そりゃそうだ、42度のグラッパですから。

口に含んでみるとハードリカーとしてのパンチがあります。
かなりドライ。
ブランデーよりもスピリッツに分類したいです。
さすがフローレ ディ バッコ、バッカスの怒りといわれるだけのパワーです。

そして口の中で広がる香りが海草のような磯っぽさ。
花や香草というよりもなぜか海草のイメージ。
なかなか不思議な感じがします。

ここに来て実にグラッパらしいグラッパをいただけました。
ガッバスと良いこのフローレディバッコといい実に食後酒の趣で良いですね。

ということで本日はこれで終了。
これ以上呑んでも酔うばかり。オッサン酔わせてどうするの。
どうも御馳走様でした。

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/