140824c
Sibona La Graduata di Brachetto
ピエモンテ州 シボーナ社 alc.42% 500ml

口当たりはあくまでも丸くパンチは弱い。
アルコール香ではなく最後に甘い香り。

昼にグラッパを飲んだわけですが、実はこの日に入荷している分だけでも七本。
そんなこんなで残りのグラッパも抜栓しようと夜にも連続してお邪魔しました。

珍しく佐々木シェフの体調が悪いというのに日に二度も押し掛けるという暴挙。
いいんです、グラッパ抜栓のためならシェフの屍を乗り越えて進んでいきます。

取り敢えず白ワインで喉を潤してからの一皿は、青魚のサラダ仕立て。
爽やかな口当たりと香りがグラッパを欲するのです。
140824c2

ということで当然のように呑みましょう。
まず一杯目はシボーナ。
ブラケットという甘い微発泡ワインを作る葡萄品種のグラッパ。

抜栓し立ての香りはあまり強くないです。
アルコール臭もなく軽いのかな?と思わせます。
早速ひとくち。
丸いです。味の方もアルコール感が弱い。
スパーンとくるグラッパのパンチも弱め。

ところが呑み終わったあとの何とも言えない甘い香りが残るのです。
これが実に心地良い。
ブラケットという品種の特徴なのでしょうか?

非常に残念なことにワインの知識が乏しいものでそのあたりが分からない、悔しい。
まぁそちらの方はぼちぼちと実地で勉強することにしましょう。
自分の仕事はグラッパの抜栓に立ち会うことですから。

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/