140824b
AMARO TONICO DIGESTIVE
エミリア=ロマーニャ州 モンテネグロ社 alc.21% 500ml

抜栓と共に感じる苦みのような香りはやはり薬草を感じます。
口当たりは丸く甘さすら感じますが、後口には焦げたような感覚が残ります。

サックリとランチのあとはやはりドルチェを。
ポレンタのケーキにイチジクのジャム、ミントを添えて。
140824b2

と、こうなるとやはりもう一杯グラッパを頂きましょう。
昼間っから何言ってんだとお思いでしょうが、自分でも思います。
でも抜栓されていないグラッパを見てしまったら開けねばならない恋心。

アマーロの新人君である「TONICO DIGESTIVE」です。
ええ、日本語読みが分かりません。
あえて読めばトニコディジスティーブでしょうか?
えーと、万能といわれているインターネットで調べても分からないんだから本日私が命名しておきましょう。
うん、決定。

ということでお味見の方から。
抜栓直後の香りは甘いというよりもロースト感のある「苦み」を感じます。
以前に頂いたアマーロとはまるで違うものですね。

早速ひとくち、ほう、口当たりはやはり丸いです。
そして甘味もしっかりと感じるのは実に薬草グラッパらしいですね。
しかし飲み終わった直後に上顎の当たりに焦げたような苦みが。
最初の香りのイメージはこれですか!

しかし度数は低めなので胃に降りる頃には熱いアルコール感はなくなります。
食後にも良いですが、個人的には食前酒にお薦めですわ。
これ呑んだら食欲増すこと受け合いです。
ということで本日二本目のの抜栓完了です。

抜栓王に俺はなる!\(^o^)/